オリンピズムの制裁  ~舛添都知事への諫言~

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
  週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.347
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━

http://genkina-atelier.com/fwd3/spo

━━━━━━━━━━━  

Sport Philosophy 

―――――――――――--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
────────────────────────── ☆☆☆

オリンピズムの制裁
 ~舛添都知事への諫言~

 毎日世間を賑わせている舛添都知事の公私混同疑惑。オリンピッ
ク開催の財源は削っても、自らのために都税を使っていた。都議会
が制裁を下さなくともオリンピズムが既に裁いている。

 2020年東京五輪招致が成功し、その功績に預かるはずであっ
た猪瀬都知事(当時)が徳洲会グループからの資金提供問題で辞任
に追い込まれた。後を司ることになった舛添は、就任当初から一貫
してオリンピックを上から目線で見ていた。

 どのメディアも評論家も指摘していないが、このことは重要であ
る。猪瀬の辞任は、実は招致成功後の組織委員会トップ人事の抗争
の結果とも言え、その後にオリンピックメイヤーとなる人が誰かが
オリンピズムからは注目された。

 舛添人事は恐らく東京五輪組織委員会の座を得た森元首相の息が
かかったものであろうが、舛添はそれにも増して、猪瀬色を真っ向
から消滅させるような行動を取っていた。これはオリンピズムに関
わってきたものの目から見れば一目瞭然である。

 すべて都民の視点からという大義名分をかかげ、国立競技場の改
築についても都の財政を縮小した。半径8キロメートル以内の開催
という東京五輪2020の目玉も崩れ、バスケットボール会場が埼
玉になり、ヨットが江ノ島に行くのも全て新都知事のオリンピック
蔑視の結果であると私は見る。

 舛添就任以来の彼の言葉から感じたのは通常の都政であり、五輪
を第一義的に捉える都政ではなかった。これはオリンピズムからい
えば大問題である。オリンピック都市はオリンピズムに服するもの
でなければならないからだ。

 少なくとも猪瀬であれば、招致活動に深く関わった経験から五輪
へのリスペクトも、五輪関係者への愛情も強く持っていたのであり、
その意味で東京五輪を自らの使命として遂行する意欲があったであ
ろう。

 しかし、東京大学で政治を学び、政治一筋の人生を生きようとし
た舛添からは五輪がひとつの大きな行事ぐらいの感覚しか、受け取
れなかった。もし、彼が本気ならば国立競技場問題に真っ向から立
ち向かったであろうし、五輪エンブレム問題も他人事のように論じ
「無責任体制」と言うことはなかったであろう。責任を最も多く感
ずべきはオリンピックシティーの「名誉」都知事であるはずではな
いか?

 五輪の公約はオリンピズムにとっては最大級の使命だ。それを、
都の財政を理由に8km圏内開催を放棄したのは他ならぬ舛添で
ある。「お金は大事だ。五輪開催にお金は節約すべきだ」

 猪瀬の五輪招致にも数々の批判的論考を加えてきたが、少なく
とも彼には五輪運動への服従の意思があった。舛添はその逆であり
どこかで五輪は都政の一つぐらいに位置づけていた。猪瀬であれば
スムーズに流れた多くのことが滞っていた。

 いつかオリンピズムが鉄鎚を投げるだろうと思っていた。しかし
それは予期せぬ形で訪れた。彼が洋行に巨額の都税を使っていたこ
とが報じられるようになった頃である。ファーストクラス、スィー
トルームと言えばなぜか招致活動を想起する私だが、「招致活動で
もない」のにファーストクラスやスィートルームを使う無分別を憂
えた。

 理解しにくいことだろうが、五輪招致活動で相手にしなければ
ならない皇室、元首、首相、国際的著名人相手の交渉にはそれな
りにこちらのあり方も問われる。しかし、彼は五輪招致をしている
わけでもなかった。

 オリンピックを下に見たものにオリンピズムの制裁が下った。
舛添の公私混同ぶりはすさまじい。それが指摘されたにも関わらず
今の職にとどまろうとする執着が見るも無残だ。

 オリンピズムはスポーツ思考である。今この瞬間にどこにボール
を出すのか?どこに一歩を踏み出すのかを問う。いつもまでも自分
にパスされたボールを持つだけでは未来は開けない。少なくともレ
ッドカードが出る前に自らを決めなければなるまい。

 オリンピックはそれほど甘くない。あなたはオリンピック都市の
市長にふさわしくないとオリンピズムは宣言する。

                         (敬称略)

2016年6月11日  

                       明日香 羊        
-------

                               ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲

京王プラザホテルに能楽の展示があった。
優れた能面の数々。
中に大顰(おおしかみ)という面があった。

人間に危害を加える悪鬼の役に用いるとある。
末路は人間にやられる運命で、一抹の哀れさも
感じられる。

五輪都市になるであろう都市のトップに
似ていた。

                       春日良一

追伸:
スポーツ思考購読登録は下記からも可能です。
https://app.mailerlite.com/webforms/landing/l2k3c0
直接当方からお送りします。

 ━━━━━━━
  考?ご期待
 ━━━━━━━

次号はvol.348です。 
(1998年からの400号を目指して あと52思考?!)

スポーツ思考
http://genkina-atelier.com/fwd3/spo

_________
CMリンク
=====~~~~~★
★☆★************************************************************★☆★

       紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】

       ----------------------------------------------

           8万枚突破のフェイスカバーをはじめ

            高品質のUVカット用品多数!

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃  購読登録は               
┃ http://genkina-atelier.com/philosophia/aboutme.htm から。  
┃△△▲------------------------------------------------------- 
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier         
┃       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛        
┃   ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★           
┃                                  
┃        
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント

  • 勉強不足

    ご高説の通り、勉強が足りんですね、あの人は。
    大変偏った勉強をしている。また、そのように育てられた。
    戦後のマスコミと経済至上主義社会によって。
    没になったオリンピック・エムブレムの手提げ袋を
    勿体ないから使いましょうよと言ってスタンド・プレイを
    したのですが、当然使えるわけもなく撤回したような
    男です。その程度のオリンピックの認識。その程度の
    「もったいなさ」の認識です。
    彼個人の問題だけではなく、1964年以降の日本人の
    問題、教育、価値観の問題でもあると思うので、
    はなはだ胸が痛いところです。


  • 面相変化

    議会全体から不信任決議が出るまで、
    男は政権の座にしがみついた。
    その時、彼の顔はひとつの典型を示し、
    さながら能面の「顰」(しかめ)さながら。

    ところが辞任を決意した朝は、
    邪気が落ちたか、業潰えたか
    にわかに一転「中将」面に。

    人の心と表情の
    隠しおおせぬ関係を、
    能はとっくに見透して
    その典型までも追い詰めた。

    六百年を隔てても
    人の迷いの「相」は変わらず、
    業の咲かせる「花」は変わらず、
    そんな意味では名演技かと
    一夜隔てた面貌を見る。
    前後のシテの変容を観る。



認証コード3550

コメントは管理者の承認後に表示されます。