非戦論はオリンピックにあり 〜オリンピズム平和論〜

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.414
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━
http://genkina-atelier.com/sp/
━━━━━━━━━━━
Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
──────────────────────────
非戦論はオリンピックにあり
〜オリンピズム平和論〜

トランプ米国大統領がイスラム革命防衛司令官を殺害した。その理由はイランが米国市民に危害を加えると言う情報があったからだと言う。しかし問題は人を殺すと言う行為が正当であるとされるところである。

トランプもそうであろうが彼らが信じているはずのキリスト教では一番に「爾殺すなかれ」という訓戒がある。今から2020年前にイエスクリストが山上で教えを説いたその最も最初にある訓戒である。

とはいえ自らの国民の命を守るために人殺しをするのは仕方のないことなのだろうか?しかしクリストの教えには「右の頬を打たれれば左のほほも出しなさい」と言う教えもある。本当のキリスト教徒であれば戦争が起こるはずがない。

しかし現実は2020年前から今日に至るまで十字軍の遠征も含めキリスト教徒であると言いつつもキリスト教徒が戦争を起こしているのも事実である。だからといってイエスの教えが間違っていると言うわけではないだろう。しかし世界平和を構築することができていないのも現実だ。

私がスポーツに世界平和構築の望みを託すのは宗教を超え、民族を超え、国家を超えて若人が集う手段としてオリンピックと言う競技大会が最も力あるものであると信じるからに他ならない。

頼りになるべき宗教は、人殺しを奨励していないにもかかわらず戦争を起こす。オリンピズムと言うオリンピック哲学はスポーツでより平和なより良い社会を作ることを標榜しているが、前提が武器のない戦いである。これが単なる理想だと言って批判する人も多々いるが、しかし、であれば他に戦争を回避して少しでも平和な社会を作る手段と言うものがあるのだろうか?

私が馬鹿みたいに「スポーツで平和、スポーツで平和」と唱えるにはそれなりの意味があり、それなりの意義があると思う。そしてそれなりの論理があるのだ。

もし2020年東京オリンピックを開催するその国である日本国政府が今起こっている米国とイランの争いに対して「今年はオリンピックイヤーである。昨年の国連総会でオリンピック休戦が批准されている。わが国は第二次世界大戦以降戦争を起こすことの無意味を深く知り、平和憲法を構築した。以降一切他国を侵略したり、他国と武器を持って争ったりはしていない。そのような国で行われる平和の祭典を祝うべく早急に争いを止めることを提言する」と世界に向かって主張すれば、その声明への評価は日本国並びにオリンピック理念を高くするものとなるだろう。

少なくとも混沌としたこの世に一筋が通る。

なぜ2020年に東京オリンピックが来たのか?その答えはここにあると言わざるを得ない。

各国の指導者が武器なき世界を目指し続けていくことをオリンピックイヤーを尊重する中で示すことが求められる。

東京オリンピック組織委員会並びに日本オリンピック委員会が政治に口を出す事は無い。あくまでもスポーツは中立の立場であるべきだ。しかしその中立の立場を守っていると言うオリンピック理念についてはそれぞれの政治が形を表明すべきでありそれに服することによって調和あるより平和な社会が成立する。

世界の指導者がこの魅力あるメッセージに耳を傾けてくれることを祈るばかりだ。

2020年1月8日

明日香 羊

                          ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲
平和を唱えれば平和が来る。戦争を反対すれば平和が来る。
そういうわけではない。逆説的に平和論が戦争を引き起こ
す。山本七平先生からも小諸直樹先生からもそのことは学
んでいる。戦い抜いて相手との和が生まれるのがスポーツ
である。平和構築の手立てはある。それがスポーツの哲学
化だと思う次第。

明日の日刊ゲンダイで東京五輪と戦争を語ります。

春日良一

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.415です。
(1998年からの)
メルマでの発行は1月末で終了します。
今のうちにhttps://genkina-ateliercom/sp/
緑色のボタンから購読登録しておいてください。
メルマでの登録情報は2020年1月末で抹消されます。

年末久々に産経デジタルiRONNAに執筆しました。
東京オリンピックと禁煙対策についてです。
ご高覧いただければ幸いです。

https://ironna.jp/article/13939
「タバコなき東京五輪」をレガシーにするにはココが足りない

スポーツ思考
https://genkina-atelier.com/sp/

日刊ゲンダイで連載!
「実践五輪批判〜20年東京五輪これでいいのか?〜」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3625/

NHK大河「いだてん」を思考すると題して始めたブログ
「純粋五輪批判」
https://genkina-atelier.com/gorin/

哲学者カントの純粋理性批判と実践理性批判から拝借
「実践」では実際に五輪がオリンピズムを実現しているのかを批判
「純粋」では大河を触媒にオリンピズムの本当を解説

_________
CMリンク
=====〜〜〜〜〜★
★☆★************************************************************★☆★
紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】
8万枚突破のフェイスカバーをはじめ
高品質のUVカット用品多数!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
https://genkina-atelier.com/sp/ から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛非

コメント


認証コード9181

コメントは管理者の承認後に表示されます。