五輪平和論 〜パンとサーカス〜

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.416
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━
http://genkina-atelier.com/sp/
━━━━━━━━━━━
Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
──────────────────────────
五輪平和論
〜パンとサーカス〜

 かつて古代ローマの詩人ユウェナリスは、権力者が民衆を「パン」(食糧)と「サーカス」(娯楽)によって現実から逃避させ、民衆が政治に無関心になり、統治を容易している世相を皮肉り、「パンとサーカス」と言った。

 五木寛之はゲンダイのコラム第10828回で「『サーカス』にもいろいろある。オリンピックなど、本来の主旨はともかく、国際的なサーカスとしては最大のイベントだ。ナチズムはスポーツを最大のサーカスとして利用しようとした」と記した。(2月7日発)

 なるほどオリンピックはサーカスかもしれない。スポーツ最大の娯楽が4年に一度与えられる。民衆は浮世の現実を忘れ、より優れた選手たちの競演に酔いしれる。アベノミクスの矛盾も格差社会も環境問題も霧散する。政権は安泰だ。

 サーカスは巨大であればあるほどいい。民衆は大衆となり、一時の祭りに興じて全てから解放された気になる。東京オリンピックをオールジャパンで招きたかった人々の心根が見える。

 しかし私はここにむしろオリンピックが世界平和を構築できる鍵を見るのだ。ローマ皇帝はサーカスを政治的に利用したが、オリンピックの権威はスポーツ界最大の民間団体である。その機関はスポーツが政治的に利用されることを最大限に警戒し、スポーツの政治からの自律を押し進めるを旨とする。そのイベントが目指すものは、あらゆる差別を超えた個と個の融合である。

 サーカスが開催されている間、民衆は現実を忘れトップアスリートの戦いに熱狂し、宗教の違い、政治的思考の違い、国籍の違い、人種の違い、あらゆる違いを飛び越える。

 ローマ帝国が実現したかったのは政権の安定であったが、スポーツ最大の民間団体が実現したいのは「スポーツによるより平和な世界である。

 世界平和構築には大サーカスが必要だ。

パリ五輪

 世界平和構築にオリンピックというサーカスを利用する機関、それを国際オリンピック委員会(IOC)という。吹けば飛ぶようだったサロンが世界最大のNGOとなり平和の鍵を握っている。

 その意味で、ナチズムはオリンピズムに利用されたとも言える。記録映画に残るヒトラーはまるで子供のように競技を見つめる。自国の選手が敗れた時は見るに忍びないほど落胆する。素晴らしいパフォーマンスには他国の選手であろうと驚嘆と敬意を見せる。

 ナチズムがオリンピックを利用しようとして最善を尽くしたおかげで、スポーツが平和を象徴する数々の仕組みが誕生した。聖火と聖火リレーがその代表的モチーフである。開会宣言をする元首ヒトラーは五輪憲章が定めた言葉以外は使用できなかった。サーカスとしてのオリンピック開催を実現したいがために必死になる政治を逆手にとって最大限の支援を得て本来の目的を果たせばいいのだ。

 オリンピックという最大のサーカスで何を実現するか?答えは明らかだろう。

(敬称略)

2020年2月12日

明日香 羊

                         ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲
ゲンダイの小論「実践五輪批判」24回が掲載された紙面に五木氏のコラムがあり「パンとサーカス」が記されていました。インスパイアされました。

NHK大河「いだてん」を思考すると題して始めたブログ「純粋五輪批判」もご覧ください。
https://genkina-atelier.com/gorin/
オリンピズムを語っています。

春日良一

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.417です。

https://ironna.jp/article/13939
「タバコなき東京五輪」をレガシーにするにはココが足りない

スポーツ思考
https://genkina-atelier.com/sp/

日刊ゲンダイで連載!
「実践五輪批判〜20年東京五輪これでいいのか?〜」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3625/

NHK大河「いだてん」を思考すると題して始めたブログ
「純粋五輪批判」
https://genkina-atelier.com/gorin/

哲学者カントの純粋理性批判と実践理性批判から拝借
「実践」では実際に五輪がオリンピズムを実現しているのかを批判
「純粋」では大河を触媒にオリンピズムの本当を解説

_________
CMリンク
=====〜〜〜〜〜★
★☆★************************************************************★☆★
紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】
8万枚突破のフェイスカバーをはじめ
高品質のUVカット用品多数!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
https://genkina-atelier.com/sp/ から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント


認証コード9818

コメントは管理者の承認後に表示されます。