大曲仙北教育研究会で長崎宏子が講演

8月5日、大曲仙北教育研究会が大曲市「仙北ふれあい文化センター」で開催されました。同研究会は秋田県南部に位置する大仙市および仙北市,美郷町の公立小中学校教職員約800人で組織する学校教育研究団体です。長崎宏子は「スポーツはこどもを育てる」というテーマで講演しました。熱心な教職員の皆様約800名のご参集の中、笑いあり涙ありの90分でした。

講演の終わりに素晴らしい花束をいただきました

コメント

  • この仕事に出会えたご縁に感謝

    私は関東県内でベビースイミングやキッズスイミングに携わっております。
    ベビースイミングに携わる身としては、ベビーアクアティスのレッスン風景を一度は見てみたいです。

    長崎先生のことはベビースイミングの可能性をさらに探求したい想いの最中で知りました。
    新米である私としては、ベビースイミングについての話題ひとつひとつに新鮮さを感じており、機会があれば長崎先生のお話も聞いてみたいですし、それ以外にも研修会などに足を運んで、もっとベビースイミングの力・魅力を感じていけるよう、日々のレッスンを通してステップアップできればと考えます。

    今日のベビースイミングを担当した際、改めて、赤ちゃんやお母さんお父さんの楽しそうな様子が身に染みて感じ、心と体が大丈夫な限り、これからも携わっていけたらと思っています。

    この先に何が起こるかはイメージしてもそうなるとも限りませんので、一日一日を大切に、難しいけれど、感謝の気持ちも忘れずにお仕事できたらいいな、と切に願っております。

    ここまで読んでくださり、ありがとうございました。



認証コード9145

コメントは管理者の承認後に表示されます。