国別メダル数の愚~メダルは選手個人の栄誉である~

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.351
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━

http://genkina-atelier.com/fwd3/spo

━━━━━━━━━━━

Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
────────────────────────── ☆☆☆
国別メダル数の愚
~メダルは選手個人の栄誉である~

始まる前は「リオは大丈夫か?」治安、ジカ熱、運営などに不安を煽る大合唱だった日本のメディアも、
開始したと同時に「メダル」の大合唱を始めた。

予想通りの展開であるが、このメダル至上主義がドーピング問題に結びついていることには
一切触れないところが、どうも腑に落ちない。

オリンピックが平和の祭典でない限り、オリンピック自身が存在する意味がない。
1894年にピエール・ド・クーベルタンが国際オリンピック委員会(IOC)を創設したのは、
スポーツによる世界平和構築であり、当時の帝国主義が支配する世界の趨勢に一矢を投じたことである。

メダルにはもちろん価値がある。
それはオリンピズムの「より速く、より高く、より強く」というモットーが表現する
頂点を目指して、一歩先に行く「努力」を称えることだからだ。

その結果を称賛することがなければオリンピックは成立しない。

問題は、国別メダル数だ。
この一覧が当たり前のようにメディアで表現されているが、
オリンピック憲章第57条は「・・・ は国ごとの世界ランキングを作成してはならない。・・・・」
としている。

これは五輪におけるパフォーマンスの栄誉は選手個人に帰するもので、国家に帰するものでない。
というオリンピズムの心が反映している。

実際、国別メダル数の意味を考えると、そこに出てくるのはオリンピックのアンチテーゼにある
ナショナリズムしかない。
2016年8月21日午前6時現在、NHKのメダル獲得数一覧によると日本は第6位になっている。
それが示すものは「日本国」がスポーツで6番の力をもっている。
5番のドイツには負けているが、7番のフランスには勝っている。
あと金メダルを5つ取ればドイツに勝てるけど、もう無理か・・・

国の力を計るのならば、その国の人口に対していくつのメダルが取れたのか?
を考える必要があるのではないか?
と、それに対応したランキングを出しているサイトもある。
それによると国別メダル数一番の米国は、金メダル数で31位、日本は38位、
中国に至っては、53位になる。
それでは金メダル獲得率一位はというと金メダル一つのバハマ。
二位は6個のジャマイカ、5個のクロアチアがそれに続く。

これが示すことは、まさにメダルの価値は相対的であるということだ。

だから「オリンピックで大切なことは勝つことではなく、参加することである」
「人生にとって大切なことは成功することではなく努力することである」
という至言が意味を持つ。

しかし、一方でオリンピックが盛り上がるのは自国の選手の活躍であることも事実である。
このことをオリンピズムは否定しない。
それは努力の結果、オリンピックの舞台で頂点を目指す選手と同化する体験であるからだ。
それによって、選手とともに戦う自らも五輪に参加するからである。

そしてその選手が勝ったにしろ、負けたにしろ、その場で得た体験を
同化した個人が疑似体験することによって、何かを得る。

五輪四連覇を目指した天下無双の吉田沙保里選手の負けが教示するものは深い。
我々はそれによって相手選手を敬い、かつ吉田選手の努力を称えることができる。

国家を前提としつつ、究極的には個人の名誉のみを称えんとするオリンピックのあり方が、
ナショナリズムと平衡を保ちながら、それを凌駕する。
それがまさにオリンピズムの醍醐味である。

(敬称略)

2016年8月21日07:38

明日香 羊
-------

                             ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲

オリンピックが始まり、何度かテレビに呼んでいただき、
オリンピズムを語ることができました。
が、限られた時間で本質を伝えるむずかしさを感じました。

スポーツ思考で自らを鍛え直すつもりです。

皆さまのスポーツ思考に期待します。

春日良一

追伸:
スポーツ思考購読登録は下記からも可能です。
https://app.mailerlite.com/webforms/landing/l2k3c0
直接当方からお送りします。

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.352です。
(1998年からの400号を目指して あと48思考?!)

スポーツ思考
http://genkina-atelier.com/fwd3/spo

_________
CMリンク
=====~~~~~★
★☆★************************************************************★☆★

   紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】

     8万枚突破のフェイスカバーをはじめ

高品質のUVカット用品多数!

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
http://genkina-atelier.com/philosophia/aboutme.htm から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント


認証コード5186

コメントは管理者の承認後に表示されます。