小池都政はオリンピズムに従うべし ~政治の枠を超える五輪開催~

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.356
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━

http://genkina-atelier.com/fwd3/spo

━━━━━━━━━━━

Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
────────────────────────── ☆☆☆
小池都政はオリンピズムに従うべし
~政治の枠を超える五輪開催~

東京都の小池百合子知事(64)は28日、就任後初となる都議会
本会議に臨み、所信表明を行った。2020年東京五輪について
「施設整備や開催経費について、説明責任を果たす」とキッパリ。
この言葉を裏付けるように、都は大会組織委への監督を強化するた
め、「監理団体」の指定に応じるよう要請を行っていたことが判明。
組織委の「財布の中身」をチェックする狙いだ。(サンケイスポーツ)

小池知事の改革を邁進する姿勢は都民に快い風を送り続けているよ
うに思える。豊洲市場移転への批判的介入はまだ先が見えないもの
の都政の闇を抉るものになるだろう。

そして、第二弾とも思える五輪組織委員会を都政監理に置くという
提言が登場した。多くはこの改革も経費削減あるいは経費有効活用
の観点から歓迎するだろう。しかし、この提言は常識ではOKだが、
オリンピズムからはNOなのである。

組織委員会についてオリンピック憲章は下記のように定めている。

第35条 組織委員会

「開催都市の国のNOC ならびに開催都市自身は、オリンピック競技
大会の組織運営をIOC から委ねられる。NOC はこの目的のために、
組織委員会(OCOG) 設立について責任を持つものとする。OCOG は
設立時からIOC 理事会に直接報告する」

組織委員会はIOCからの委託に基づいて、その国あるいは地域を統
括する国内オリンピック委員会の責任において、開催都市とその任
務を請け負う機関として設立されなければならない。

これまで政治主導の様相が強く浮き出てきた組織委員会のあり方に
世間もメディアも国内オリンピック委員会であるJOCの存在を忘却
している感があるが、実はオリンピズムの構造上、あくまでも組織
委員会の中心はJOCであり、その監理はIOCの責任なのである。

それが論より証拠には、オリンピック憲章第35条付属細則では、

「規則35 付属細則
1. OCOG はその国において法人格を持つものとする。
2. OCOG の執行機関は以下の者を含むものとする。

  • 規則16.1.1.1 に明記されるその国のIOC 委員
  • NOC の会長と事務総長
  • 開催都市により指名された、少なくとも1 名の開催都市代表者

として、構成の中心にオリンピズムの執行者が陣取ることを規定し
ているのである。

なぜか?

そこにオリンピックが平和の祭典となりえる仕掛けがあるからだ。

オリンピックはあくまでも政治から独立したものでなければらなら
ない。全てからの自律である。スポーツがスポーツとしてその活動
を十全と尽くすことができなければならない。

それはオリンピズムの根本原則である。

「スポーツ団体はオリンピック・ムーブメントにおいて、スポーツ
が社会の枠組みの中で営まれることを理解し、自律の権利と義務を
持つ。自律には競技規則を自由に定め管理すること、自身の組織の
構成と統治について決定すること、外部からのいかなる影響も受け
ずに選挙を実施する権利、および良好な統治の原則を確実に適用す
る責任が含まれる」

そしてJOCはあらゆる政治的な圧力に屈せずにオリンピック運動を
広め、オリンピズムの「スポーツによる世界平和構築」への希望
を維持しなければならない。

オリンピック憲章第27条は
「NOC は自律性を確保しなければならない。また、オリンピック憲
章の遵守を妨げる恐れのある政治的、法的、宗教的、経済的な圧力、
その他のいかなる種類の圧力にも対抗しなければならない」
としている。

あくまでもスポーツの立場からスポーツを求めることによって、
オリンピックは政治、宗教、経済などあらゆる垣根を超えて、その
祭典を実現する必要がある。

オリンピズムから今回の小池知事の心意気を実現するとすれば、そ
れは組織委員会を構成するもうひとつの柱である都が都自身を監理
することで行わなければならないだろう。

もし組織委員会が都の監理団体になるというならば、それはオリン
ピックを政治の枠内に留めようとする動きとなり、オリンピックが
それ自身で起こすことができる世界平和構築へのオリンピックムー
ブメントの足かせとなるに過ぎない。

だからと言って今の組織委員会のあり方がベストであるわけではな
い。これまでの全ての失態はすべてオリンピズムの知識と経験がな
い采配によるものであった。

この機会に組織委員会の指導性をJOCに取り戻し、オリンピズムの
下、スポーツ界の優れた知見が流通するように組織委員会を再構成
したらどうだろうか?

都知事選挙時のインタビューに答えた小池知事が次のような趣旨で
語っていたではないか。「私はウェイトリフティング協会会長とし
て、実際に現場での問題も見てきている。ナショナルスタジアムに
冷房設備がないことがアスリートファーストとは思えない」

スポーツの視点からオリンピック施設を見直す勇気こそ、最も費用
対効果のある設備投資となるはずである。

そして、忘れてならないのは、オリンピックが何を目指しているか?
である。それはメダル競争の世界大会ではなく、個々のアスリートの
頂点を極める戦いの中に生み出される人々の輪である。それが、世
界平和構築への重要な仕掛けであることにそろそろ指導者は気付く
べきだ。

来年度防衛予算は五兆円を超すという。三兆円にもなる東京五輪!
と騒がれているが、それが将来の平和を築く予算だとしたら、どう
だろう。決して高くはない気がするのだが。

(敬称略)

2016年9月29日

明日香 羊
-------

                             ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲

日本スポーツ学会の事務局長だった遠藤宏孝さんが逝去さ
れた。享年59歳。突然の悲報に言葉がなかった。
自分でもこの衝撃の強さに驚いている。

オリンピック大好きな方で、アテネやロンドンなど五輪に
も自腹で行かれた。リオは入院で断念されたそうだ。

いつも遠くから見つめつつ私たちに手を差し伸べてくれた
方だった。

寂しさはスポーツ思考で乗り越えたい。

次回は遠藤宏孝さんを語らせていただきます。

春日良一

追伸:
スポーツ思考購読登録は下記からも可能です。
https://app.mailerlite.com/webforms/landing/l2k3c0
直接当方からお送りします。

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.357です。
(1998年からの400号を目指して あと43思考?!)

スポーツ思考
http://genkina-atelier.com/fwd3/spo

_________
CMリンク
=====~~~~~★
★☆★************************************************************★☆★

   紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】

     8万枚突破のフェイスカバーをはじめ

高品質のUVカット用品多数!

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
http://genkina-atelier.com/philosophia/aboutme.htm から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント


認証コード0435

コメントは管理者の承認後に表示されます。