北朝鮮の東京五輪参加は歓迎すべし ~小池都知事は五輪憲章を学ばねばならない~

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.380
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━
http://genkina-atelier.com/spo
━━━━━━━━━━━
Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
────────────────────────── ☆☆☆
北朝鮮の東京五輪参加は歓迎すべし
~小池都知事は五輪憲章を学ばねばならない~

バッハIOC会長が3月30日平昌ならず平壌入りして、金正恩から2020年東京五輪への参加意志を確認した意味については、前号で述べたところだが、オリンピック開催都市の首長である小池都知事は4月13日(金)の定例会見でこの件について「拉致問題、核保有問題の懸念を北朝鮮は払拭しなければならない」旨の見解を表明した。この表明を常識はもっともだと思うかもしれないが、オリンピズムは「とんでもない」発言と捉える。

なぜなら五輪参加はあらゆる垣根を超えてスポーツが若人を参集することに意義があり、それ故にこそ、政治、宗教、経済、人種、性別などによる差別を超えて人類の友好と平和に貢献することができるからである。

私は折しもこの会見が行われる前日、外務省の高官と久々の会食を楽しんでいた。南北朝鮮問題や日本国政府の問題も真剣に論じ合った。もちろん彼の立場からは、北朝鮮の核兵器廃止が主張され、現下の南北融和状況によって何も生まれない、一部のマスコミが言うように日本が蚊帳の外の置かれているというのは間違っている。とした。私の主張するIOC会長主導による南北融和政策の奏功とこれからの世界戦争回避に向けた五輪運動の意義について否定はしなかったが、主導権はあくまでも政治であることを曲げなかった。

当たり前と言えば、当たり前である。私はオリンピズムを伝える事が使命であるし、外交官の使命は、日本国国益のための交渉であるからだ。しかし、各国の主張をし続けている現状ではいつまでたっても埒が明かないのも事実であり、その隘路を一歩一歩進もうとするよりも全く違う方法ですなわち「スポーツ」で繋げてしまおうというのが本来のオリンピックのやり方なのである。

北朝鮮がオリンピックのおかげで国際融和の舞台に出てきたことを快く思わない人々は、それを「スポーツを政治的に利用している」と非難するが、しかし、一歩引いてみれば、あの金正恩もバッハと普通に笑顔で話ができる人間であることも見えるし、融和を求めるのがなぜいけないかと言うと、憎き悪代官が突然善人を気取るのが許せないという思いが左右している気がしてならない。

本当に何を求めるのか?求めているのが、日本が世界をリードして支配することであれば、それでいいだろう。しかし、本当に求めるべきは世界の人々と仲良くより良き社会を作っていくことではなかったか?それがスポーツを通してできるというのなら、そしてできてきているのなら、そのスポーツにこちら側も参加することこそが、本来の在り方なのではないか?

こうして、オリンピズムは人々の志の奥底を一瞬にして見破る。小池都知事が求めているものが「五輪による世界平和」であれば、北朝鮮の元首が、北朝鮮の選手たちが東京五輪に参加することをサポートするというのなら、そのことを歓迎してしかるべきではないか?都知事は「東京都が無事に五輪開催に成功すること」(成功とは何かはまた別の機会に譲るが)だけを求めていることがこのことで判明してしまったのである。

そもそも五輪は国が参加するのではない。IOCが認めたその国、領域のオリンピック運動を統括する国内オリンピック委員会が認定した選手たちが代表選手団を構成して、参加するのである。北朝鮮が参加するという意味は、北朝鮮の領域を統括するDPRコリアオリンピック委員会が選手団を派遣するという意味であり、そのことを歓迎しないオリンピック開催都市であったとしたら、その時点で五輪憲章を逸脱し、開催都市の権利が消滅してもおかしくない。その選手団の所属する国が「拉致問題、核武装問題」を抱えているからという理由で、その参加を拒否するというのであれば、それこそスポーツに「政治」を持ち込んだことになる。

拉致問題の解決の必要性を指摘し、IOC、大会組織委員会と調整していく意向を示したという都知事は五輪憲章を学ばなければならない。北朝鮮NOCが五輪精神に賛同して東京五輪に参加するというその意志を尊重する中に「拉致問題」や「核武装問題」を解決する道が開けるのである。

(敬称略)

2018年4月15日

明日香 羊
-------

                             ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲

東京五輪こそスポーツで世界平和を実現するチャンスと思うのですが、
そのためにはリーダーが五輪憲章を学び、オリンピズムを信じてくれ
なければならないのです。
皆様のスポーツ思考を期しつつ

春日良一

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.381です。
(1998年からの400号を目指して あと20思考?!)

スポーツ思考
http://genkina-atelier.com/fwd3/spo

_________
CMリンク
=====~~~~~★
★☆★************************************************************★☆★

   紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】

8万枚突破のフェイスカバーをはじめ
高品質のUVカット用品多数!

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
http://genkina-atelier.com/philosophia/aboutme.htm から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント


認証コード4254

コメントは管理者の承認後に表示されます。