オリンピックの社会変革 〜オリンピズムとGO TO〜

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.427
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━
http://genkina-atelier.com/sp/
━━━━━━━━━━━
Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
──────────────────────────
オリンピックの社会変革
〜オリンピズムとGO TO〜

今週の月曜日、7月20日にニュースオプエドというインターネット番組に出演した。
スポーツライターの玉木正之(スポーツ文化評論家)がアンカーを務める本音トーク番組である。
今回は一年後の東京五輪が果たして開催できるのか?
中止すべきではないのか?と攻め立てられて、
オリンピズムから私が語るという流れが予想された。
スクリーンショット 2020-07-20 20

その前、7月17日にはAbemaTVというインターネットテレビの番組AbemaPrimeに出て、
当日のIOC総会後の森五輪組織委会長の会見などをベースに
「東京五輪2020年の概要」を批評したのだが、
若いコメンテーターたちの背景にはオリンピックはただの巨大スポーツイベントでしかないようで、
なかなか難儀した。
漆膠の術で乗り切った。
スクリーンショット 2020-07-22 16

その流れから言うと、さすがオプエド御大の攻めは急所を突いてくるので、ある意味戦い易い。
大機大用の術で臨んだ。
オリンピックがあるのだから、そのためにコロナ対策を万全にすると言う覚悟があれば、
全く違った絵が描けたのではないか?
あと一年そのために方向転換すべきだ。GO TO の行き先が問題だ。

我が友であり、詩人である元小学館編集長の横山英行が
「オリンピズムとGO TO」というパンセを送ってくれた。
いい得て「絶」妙である。
全文を掲載し、今週のスポーツ思考としたい。
(ご本人の許可を得ている)

だから初めから言っているのだ
オリンピックを前提として
検査検疫の体制をつくれと
外国選手の出入国を想定し
国内移動中の所在位置を把握
選手村滞在中の健康管理を徹底すれば
それがそのままオリンピック以前の
国内にだって適用できるはず
 
「出入国の制限」ではないのだ
「水際対策」とかでもないのだ
「特別な場合のみの出入国許可」でさえない
そんなことでオリンピックができるのか?
100か国以上の国々が
受け入れられるとでも言うのか?
全ての国々の出入国が可能なまでに
検査検疫のレベルを上げるなら
空港体制を完備するなら
廻り廻ってそのことが
経済活動をも早めると知れ
 
“おもてなし”をするのではなかったのか?
当然おもてなしのその中には
“癒やし”も含まれるのではなかったのか?
病気で入国したアスリートがいたら
そのまま退去いただくのではなく
癒やして帰国させるくらいの
そんな“もてなし”の一つもできずに
ホスト国が務まるのか?
聖火を受け入れる資格があるのか?
 
自国の経済ばかりに汲々として
国土にウイルスが蔓延し
検査検疫も不全なくせに
go toとはいったい何ごとか?
行ってこいとは何ごとか?
オリンピックの開催都市のみは
go to禁止とは何ごとか?
 
come toの方はどうしたのだ?
come onの方はどうしたのだ?
そんなことでは世界はおろか
国内だってもてなせぬ
井の中の蛙も甚だしい
世界に恥ずかしくてyokosoと言えぬ
どの面下げてomotenashiなどと言える?
 
オリンピックの胸を借りるのだ
オリンピックが営めるよう
政治、経済、医療、教育…
あらゆるものの水準を
決死の覚悟で高めるのだ!
 
1964年の東京五輪が
まさにオリンピックの胸を借りて
敗戦わずか19年の
日本の“復興”を証明すべく
世界の国々の“もてなし”をすべく
国民一丸、努力奮闘し
見事な大会を開いたように
 
かつて学徒らを壮行した
神宮の森のスタディオンで
原爆投下の直後に生まれた
ヒロシマ出身の19歳の
若者をしてオリンピアの聖火を
見事に点火させた時
原爆の火はたちどころに
太陽由来のアポロの火となり
プロメテウスの火となり
燃え上がったように──
 
あの時灯した聖火を引き継ぎ
“世界”のアスリートを受け入れるのだ!
世界の観客をもてなすのだ
世界に開き、世界を受け入れ
世界を癒やす“気”が熟す時
初めて汝も癒やされる
こたびは自国の復興のみならず
“人類の復興”を願う時
初めて汝は救われる
世界を見据えて大きな図を描き
先手先手で未来を“読む”時
初めて順序も道筋も見え
明日へのgo toに“魂”が入る!

(敬称略)

2020年7月22日

明日香 羊

                         ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲

明日は東京五輪一年前。
本来ならば東京五輪開会前夜。
思えば遠くに来たものである。

今回ご紹介しました「詩」はこちらから

春日良一

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.428です。
明日発売のゲンダイのコラムはお休みです。
24日はスポーツの日?!だと言うのに。

https://ironna.jp/article/13939
「タバコなき東京五輪」をレガシーにするにはココが足りない

スポーツ思考
https://genkina-atelier.com/sp/

日刊ゲンダイで連載!
「実践五輪批判〜20年東京五輪これでいいのか?〜」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3625/

NHK大河「いだてん」を思考すると題して始めたブログ
「純粋五輪批判」
https://genkina-atelier.com/gorin/

哲学者カントの純粋理性批判と実践理性批判から拝借
「実践」では実際に五輪がオリンピズムを実現しているのかを批判
「純粋」では大河を触媒にオリンピズムの本当を解説

_________
CMリンク
=====〜〜〜〜〜★
★☆★************************************************************★☆★
紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】
8万枚突破のフェイスカバーをはじめ
高品質のUVカット用品多数!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
https://genkina-atelier.com/sp/ から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント


認証コード6831

コメントは管理者の承認後に表示されます。