三島哲学とスポーツ思考 〜「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」を見て〜

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.430
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━
http://genkina-atelier.com/sp/
━━━━━━━━━━━
Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
──────────────────────────
三島哲学とスポーツ思考
〜「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」を見て〜

私が中学三年生の時だった。
三島由紀夫が果てたのは。
その一大事は、私が最も敬愛する社会科の先生から聞いた。
1970年11月25日。
昼過ぎ、5時間目の授業が始まる時「三島由紀夫がたった今、割腹自殺しました」
とその先生は言われた。
本を読むのが好きではなかった私が、国語の担任の薦めで最初に手にした本が「剣」であった。
三島由紀夫の作品だ。
当時、自らが創設したサッカー部を率いていた私には主義があった。
部員を鍛えるとともに、部員の数だけ自分を鍛える!であった。
部員に30回の腕立て伏せを命じたら、私は600回の腕立て伏せをした。
「剣」の主人公のストイシズムが気に入った。
以来、三島由紀夫に関心をいただいた。

彼は自衛隊を前に真の天皇制復活を叫んだ。
しかし、彼が想像していた通り、誰も立ち上がらなかった。
むしろ罵声が響いた。
そして自害して彼の美学を全うした。
言動一致を追求し、最も壮絶なゴールを選んだ彼に日本男児の理想を思った。
私は中学一年の時、将来を決めた。
サッカー選手か哲学者だ。
スポーツの王道はサッカーであり、学問のそれは哲学だと信じたからだ。
そしてそのことを根拠付けてくれた方が、敬愛する社会科の先生だった。
三島の生き様はまさに筆の自分と体の自分の一体化であり、
それはまさにスポーツ思考の生き様だ。
スポーツするように哲学する、哲学をスポーツすることだからだ。
書いていることと行うことが一致しなければ真実ではない。
三島の求めた哲学はそれに尽きると思う。
ジャーナリストたちは高みから世を裁く。
しかし自らを省みて自らを正すことはしない。
時の中曽根防衛庁長官も佐藤首相も「常軌を逸した」「気が狂った」と
三島を切り捨てた。
それまでは自衛隊での訓練をする三島をPRに使ってきた輩だ。

三島vs全共闘

東大紛争があったときの世相は今では想像もつかないだろう。
増税を繰り返し、庶民の苦しみには一顧だにしない政府に何もせずに投票する今の国民。
デモをすることなどありえない今の市民。
しかし、革命に暴力を辞さなかった東大紛争、全共闘の招きに三島は応じ、千人に一人で対した。
大したものではないか?
しかし、その討論は抽象的な思弁の展開であり、饒舌に過ぎない。
そこに生きるものの真実が見えない。
それは全共闘がスポーツ思考ではないからだ。
三島はスポーツ思考を求めていた。
「天皇という言葉を君たちが認めたら、私は共に闘う」
と言った三島に、全共闘の学生が、
「我々は天皇という言葉を何回か使った。あなたは共に戦ってくれるのか?」
三島は答えた。
「私が伝えた天皇という言霊が君たちに天皇を言わせた」
「共闘はとても誘惑的だが、私は断固拒否します」

三島が求めていたのはまさにスポーツ思考、行動と思想の一致である。
今の東京五輪組織委員会にスポーツ思考はあるか?
「スポーツには世界と未来を変える力がある」と
本当に信じているのか?

今から約2800年前。
戦争と疫病が蔓延る古代ギリシア。
エリスのイフィトス は、デルフォイの神に災いから逃れる術を尋ねた。
答えは、「オリンピアで競技祭を開催せよ」
神託に問うた答えがオリンピックだった。
さすれば、新型コロナウィルスを克服するのは、
オリンピックを開くことだ。
近代五輪創始者クーベルタンは言った。
「オリンピズムは信仰である」
今、オリンピックを開催することが「戦争と疫病」から逃れる術だ。
それを妨げてているのは何か?
それがコロナが問うていることである。

今もし私が組織委員会を占拠し、
「真の東京五輪を開催せよ!それが世界平和と疫病息災の道だ」
と同志に呼びかけたらどうなるか?

オリンピズムを信じない者たちが、オリンピックを開くことを
COVID-19は阻止しようとしているのではないか。

(敬称略)

2020年10月23日

明日香 羊

                         ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲

呪われたオリンピックと麻生副総理は言った。
まさにそうなっている。
しかしなぜか?
それは、五輪を招く志が、余りにも、余りにも卑しかったからだ。

春日良一

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.431です。

https://ironna.jp/article/13939
「タバコなき東京五輪」をレガシーにするにはココが足りない

スポーツ思考
https://genkina-atelier.com/sp/

日刊ゲンダイで連載!
「実践五輪批判〜20年東京五輪これでいいのか?〜」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3625/

NHK大河「いだてん」を思考すると題して始めたブログ
「純粋五輪批判」
https://genkina-atelier.com/gorin/

哲学者カントの純粋理性批判と実践理性批判から拝借
「実践」では実際に五輪がオリンピズムを実現しているのかを批判
「純粋」では大河を触媒にオリンピズムの本当を解説

_________
CMリンク
=====〜〜〜〜〜★
★☆★************************************************************★☆★
紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】
8万枚突破のフェイスカバーをはじめ
高品質のUVカット用品多数!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
https://genkina-atelier.com/sp/ から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    コメント


    認証コード2508

    コメントは管理者の承認後に表示されます。