ワールドカップから学ぶべきことども 〜戦争音痴の防衛費増強〜

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.472
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━
http://genkina-atelier.com/sp/
━━━━━━━━━━━
Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
ワールドカップから学ぶべきことども
〜戦争音痴の防衛費増強〜

ワールドカップ(W杯)サッカーはアルゼンチンがフランスとの熱戦をPK戦で制し、幕を閉じだ。天才!神の子!?類希な才能を持ったサッカー選手、リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニは、バロンドール(世界年間最優秀選手賞)を7回獲得するなど数々の栄光を掌中に治めてきたが、唯一W杯優勝の栄誉だけを得ていなかった。今次W杯はこのメッシのサッカー人生を完成させるためにあったとも言える。

W杯には様々なストーリーを描くことができる。W杯連覇を達成するフランスのストーリー、フランスには得点王となったエムバペという若き天才もいた。あるいは、宗主国を植民地が破るというモロッコの快進撃の果てに新たな時代を指し示す光が描けたかもしれない。あるいは、極東の小国が劣勢から欧州列強を打ち破り続け頂点に立つ日本の成功物語を思うこともできた。

夢ではなく、リアルな世界での64の熱戦一つ一つには、込められたメッセージが至宝のごとく散りばめられていた。たとえば、秀逸のミッドフィルダー、モドリッチ率いるクロアチアの三位獲得に至る道のりには、1992年に勃発したバルカン半島の民族紛争の克服のストーリーがある。

当時、ボスニア紛争を逃れて祖父と山村で貧しい生活を余儀なくされたモドリッチにとって、旧ユーゴスラビア分裂から立ち上がるクロアチア自身が自らの生き様であり、自分の頑張りが国民の生きる力となることを信じて疑わぬものであった。1995年に戦禍のサラエボに入り、地元の子どもたちとサッカーをした私には、モドリッチが我が子のように思える。その時、私の運転手をしてくれたジオは元ユーゴのサッカー選手でその後クロアチに移住すると言っていた。モドリッチの魂のゴールは、日本のベスト8進出という「あまりにもあまりにも」功利主義的なモチベーションでは越せない壁であった。

日本がグループリーグ1位でノックアウトステージに進み、クロアチアを破り、ユーゴ崩壊後のクロアチアの夢を担い、1998年W杯初出場の敗戦を克服し、さらに進んでブラジルを破り、その偶像を打ち破り、メッシ率いるアルゼンチンに勝利して同じく1998年W杯初戦での敗戦を克服し、フランスとの決勝戦でチャンピオンの地位に上り詰めた。とすれば、そのメッセージはアジアの勇気となったであろうし、それは欧州帝国主義からの植民地解放のメッセージであったり、その栄光の壇上で「世界平和」を訴えれば、まさに憲法9条を有する平和国家ジャパンの象徴であっただろう。

現実の世界に戻れば、今大会2位のフランスを讃える壇上にはフランス大統領マクロンが待ち、選手一人一人の手を熱く握った。彼にとってサッカーは政治を超えているのだ。日本代表がベスト16で首相官邸を表敬したのがどういうことか、前号の本論でスポーツ思考したとおりである。
https://genkina-atelier.com/sp/index.php?QBlog-20221209-1

マクロンとエムバペ サッカー 2022-12-27 13

スポーツが与えるメッセージが世界平和構築に繋がるということを理解している政治的指導者かどうか?そこが未来の世界を担えるかどうかの鍵だが、そんなことを理解できる政治家はこの日本には皆無だ。そうである限り、日本がW杯を有することなぞ夢のまた夢だ。

日本はこのW杯で明らかに敗北したのはコスタリカである。そのことを重く反省すべきであり、そこから学んで欲しい。防衛費の増額に必死になるよりも、日本をそして世界を平和に導く道があることを。日本代表がドイツ代表、スペイン代表に勝利して、コスタリカ代表に敗れた意味を岸田首相は学ばなければなるまい。

(敬称略)

2022年12月27日

明日香 羊

────────<・・
△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲
昨日、ネットフリックスのドキュメンタリーに『FIFAを暴く』を発見。シリーズもので、全部で4時間余りの大作。夢中で見入ってしまった。ブラッター以下、かつてのFIFA要人がバンバン出てくる。なぜブラッターが会長を突然辞したかのヒントが見つかった。改めてスポーツ思考したいと思っている。

『NOTE』でスポーツ思考
https://note.com/olympism
ゲンダイdigitalにアントニオ猪木さんへの追悼文を寄稿しました。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/312253

【ダイヤモンドオンライン】
NEW!!
東京五輪汚職で「商業主義化=悪」の世論に異議あり、元JOC職員が見た真因とは
https://diamond.jp/articles/-/311042

北京五輪の「オリンピック休戦」をむげにしたロシア、
IOCバッハ会長の葛藤
https://diamond.jp/articles/-/298005

【ゲンダイデジタル】
【特別寄稿】IOCバッハ会長は8年前、高橋治之元理事の“追放”を組織委に求めていた
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/310969

特別寄稿!
「逮捕された高橋治之元理事には9億円 あぶり出される東京五輪招致の闇」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/309953

短期連載(全3回)
「東京五輪にメス!スポーツマフィアを生んだJOCの過ち」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/4389/495

短期集中連載(全5回)
「IOCへの諫言 五輪憲章から矛盾を糺す」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/4322/495

日本と世界の重要論点2022↓
【Daiamond Online】
東京2020が日本人の記憶に残らない理由、北京に引き継がれた不信感と意義
https://diamond.jp/articles/-/291658

【Forbes Japan】
「命と引き換えにするほどの価値があるのか議論すべき時」
https://forbesjapan.com/articles/detail/39575
━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━
次号はvol.473です。

スポーツ思考
https://genkina-atelier.com/sp/

日刊ゲンダイ連載全100回
「実践五輪批判〜20年東京五輪これでいいのか?〜」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3625/

NHK大河「いだてん」を思考すると題して始めたブログ
「純粋五輪批判」
https://genkina-atelier.com/gorin/

哲学者カントの純粋理性批判と実践理性批判から拝借
「実践」では実際に五輪がオリンピズムを実現しているのかを批判
「純粋」では大河を触媒にオリンピズムの本当を解説

_________
CMリンク
=====〜〜〜〜〜★
★☆★************************************************************★☆★
紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】
8万枚突破のフェイスカバーをはじめ
高品質のUVカット用品多数!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
https://genkina-atelier.com/sp/ から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント


認証コード6340

コメントは管理者の承認後に表示されます。