悪い奴ほどよく眠る ~東京五輪招致不正疑惑の罪は誰が背負うべきか?~

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.395
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━
http://genkina-atelier.com/sp/
━━━━━━━━━━━
Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
────────────────────────── ☆☆☆
悪い奴ほどよく眠る
~東京五輪招致不正疑惑の罪は誰が背負うべきか?~

寝耳に水?!1月10日夕方、ジム帰りの心地良き疲れに朦朧としていた
私の耳に「フランス当局が竹田JOC会長を予審」の報が入った。一瞬、
ゴーンの顔がよぎり、意趣返しとも思ったが、振替って見れば、三年前に
浮上したこの問題、一切解決していなかった。

2016年5月にラミン・ディアク元国際陸連会長と息子の汚職容疑の操作を
進めていたフランス当局が、その息子の口座にシンガポールのコンサル
ティング会社「ブラックタイディング社」からのお金の流れがあり、その出ど
ころが東京五輪招致委員会だという疑いが持たれ、贈賄容疑が浮上した。

これについて、JOCは調査員会を設け、公平なる調査をした結果、竹田
JOC会長(当時、招致委員会理事長)の言う通り、招致のための正当なる
報酬を支払ったとの結論を公表した。

調査報告を今回初めて見た私は驚いた。ディアク親子の聴取という肝心
要の部分はできていないとあっさりしているのである。そこでピンときた。

これは国内向け調査報告であると!そんなことわかっているさ。国内調査
でいいのさ。と思う向きがあるだろうが、事は国際的な問題である。フラン
ス当局の手は執拗にこの問題を追い求めているのだ。故に国際的に潔白
の証をしなければならない。

というのに、1月15日開催された記者会見は驚きだ。メディアは質疑応答
もなく7分間で終わったことを非難しているが、私の視点は別にあった。そ
して私は祈りにも似た気持ちでこの会見を見つめた。もし、私がJOC事務
局にいたら、世界に向かって竹田JOC会長が東京五輪開催にどれだけ
の熱意と情熱をささげていたかをアピールする場に演出していただろう。

しかし現実はあくまでも国内向け、「日本の法律では間違っていない」と
いうだけに終わった。以前のJOC調査報告書からは一歩も出ていないの
である。

なぜ竹田会長が2020年五輪のための招致委員会のトップとして、必死
に招致活動をしたのか?その招致活動はいかなる五輪開催を求めたも
になのか?その招致の先にある五輪運動と五輪開催、平和都市東京で
開催される2020年の五輪がどれだけ世界平和に貢献するのか!このこ
とを伝えるべきであったのだ。

想起すれば以前米国でトヨタのリコール問題について豊田社長が公聴
会で行った陳述に世界は感動したのではなかったか?それがその後に
奏功したかどうかは別として、少なくとも彼の車に対する熱意と情熱が開
陳されたのではなかったか?

今の竹田会長を救う、もっと言えばJOCを救うには五輪理念への志を伝
えるしかなかったのだ。

そこまでの決意で臨まなければ今回の会見は開く必要がなかった。

なぜなら12月10日にフランス当局に竹田会長が予審された直後、11日
スイスローザンヌではIOC倫理委員会が「推定無罪」として見守ると言って
おり、五輪家族の出した結論はそれ以下でもそれ以上でもないのだ。
竹田会長がIOCあるいは五輪のために記者会見を開く必要はない状態
でなぜ彼が記者会見を開かなければならなかったか?それは国内的な
事情であったとしか考えられない。

その事情が五輪運動のためなのか?それとも?

その天秤が今回の全てをクリアにしてくれるであろう。

本件を国策操作だと煽っても竹田会長を救うことはできない。なぜなら、
その発想の元であるナショナリズムこそ、竹田会長が担わなければなら
ないオリンピズムの凌駕すべきものであるからだ。

(敬称略)

2019年1月23日

明日香 羊
-------

                            ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲

2020年東京五輪招致疑惑ともいうべきこの問題で、様々なテレビ局から
お声がかかりました。1月12日の「めざましテレビ」から、1月18日の「バイ
キング」まで計21本、新聞、雑誌を含めれば25本になるでしょうか?かなり
ハードワークでしたが、その中で取材者の人々、テレビやラジオのプロデ
ューサーやディレクターに五輪運動の本当を伝えられるのが、一番の醍
醐味です。彼らが「本当」に出会わないと「これから」がありません。収録
などは切り取られて浮上するコメントは数十秒の場合もありますが、その
裏にある一時間や一時間半が今の私の五輪運動であります。

それにしても私のオリンピズムを聞きながら、文字にするとそれが抜けたり
執筆者のものになっていると寂しさはある。執筆者の倫理に任せる部分だ。
その意味で生出演はスポーツ的で好きだ。

特にバイキングは・・・

春日良一

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.396です。
(1998年からの400号にあと5思考?!)
スポーツ思考
https://genkina-atelier.com/sp/

NHK大河「韋駄天」が扱う五輪運動について
カントの純粋理性批判ならず「純粋五輪批判」を執筆する予定です。
できれば今週中にサイト立ち上げます。

https://genkina-atelier.com/gorin/
(まもなく立ち上げます)

_________
CMリンク
=====~~~~~★
★☆★************************************************************★☆★
紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】
8万枚突破のフェイスカバーをはじめ
高品質のUVカット用品多数!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
http://genkina-atelier.com/philosophia/aboutme.htm から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント


認証コード9361

コメントは管理者の承認後に表示されます。