バッハの独り言 その1 〜新IOC会長は東京五輪に期待していた〜

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.420
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━
http://genkina-atelier.com/sp/
━━━━━━━━━━━
Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
──────────────────────────
今、世界のスポーツポリティクスを動かしている中心人物は紛れもなくトマス・バッハだ。
第9代IOC会長である。
順調に開催されると思っていた東京五輪が史上初の延期となった。
本年初頭、新型コロナウィルス が登場して、世界を騒がせ始めた。
3月に入り欧州でのパンデミックに拍車がかかった。
それでもバッハは最後までみんなで頑張ろう!と伝え続けた。
ワクチンが開発されるのに2年は必要と言われている中、
これからアフリカや南アメリカにCOVID19が伝播するという中、
どうしても常識的に理解できなかった人々が多かったはずだ。
私もテレビでもコラムでも一貫してバッハの方針を支持した。
バッハに成り代わって、その時の心境を告白する。
以下は全てフィクションである。

バッハの独り言 その1
〜新IOC会長は東京五輪に期待していた〜

私は、オリンピズムを信じている。
2013年9月に第9代IOC会長となった時、東京五輪2020年が決まった。
私には計画があった。
前年から世界に向けて提案していたオリンピック改革綱領AGENDA2020で本当のオリンピズムを復興したい。
そのための立候補であり、同名の2020の五輪開催都市は東京でなければならなかった。
私が任期中の最後の夏の大会となるかもしれぬオリンピックには「スポーツによる平和構築」を背負える都市を選ぶしかなかった。
力学的にも同じ総会で大陸のパワーバランスを取る必要がある。
イスタンブールもマドリッドもスポーツでは欧州大陸の都市だ。
唯一アジア大陸の東京に開催都市が決まれば、会長が欧州から出ることはとても大切なことだ。
逆に私が選ばれるためには東京しかないと周囲は思っていただろう。
そしてそのために動くものも多かった。
なぜ東京か?
日本は我が国ドイツと同様に第二次世界大戦の敗戦国だ。
だが互いに復興に努力して、世界をリードする国になっている。
しかも世界戦争の究極的な武器、原子爆弾を被曝した日本は特別だ。
敗戦以降、一度も戦争を行わず、しかも軍隊を持たない憲法を持ち続けている。
その国で2020年に五輪を開催することで、私のアジェンダ2020の実現がアピールできれば私の使命が果たせるだろう。
東京五輪の成功は実に重要なのだ。
日本人の開催運営能力には信頼を置いていた。
東京に2020年五輪開催地が決まり、いよいよ始動と思っていたが、私には気になることがあった。
それはJOCの能力である。
第7代目のサマランチ会長からはJOCが世界のスポーツ界をリードしているという話を聞いていたし、サラエボ募金、アジア連帯、長野五輪招致など様々な場面でリーダーシップを取っていたことは知っていたが、ここ数年の動きは憂慮するところがあった。
Yoshiaki(堤)からHironoshin(古橋)まではOggi(荻村)の活躍で確かにリーダーシップを取っていた。
ちょうどその頃、IOC委員になったばかりの私には日本の活躍が印象的であった。
しかし、その後は?
大阪五輪招致も東京五輪招致もどうしようもない敗北だった。
一番気になっていたのが竹田JOC会長のリーダーシップであった。
私は日本通の委員から逐次情報を取ることにした。
寄せられる情報の多くは好意的なものだった。
いわゆる日本的リーダーシップ、和をもって尊しとなす方向であるようだった。
しかし、スポーツポリティクスの世界では表面はそうでも、中では、断固としたオリンピズムを貫く意思が必要である。
それが見えなかった。
ポイントは当事国の政治力に対して、堂々と発言できるか?行動できるか?である。
この点が不安だったので、アジア出身の委員から次第に深い情報を得るようにした。

(敬称略)

次号に続く

2020年5月21日

明日香 羊

                         ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲
今回から「バッハの独り言」を連載します。
バッハIOC会長に成り代わって明日香羊が東京五輪延期の背景に迫ります。
今回はそのプロローグといったところでしょうか。
純粋五輪批判では「私のオリンピズム」を試作中です。
https://genkina-atelier.com/gorin/
第一回は公開しております。
購読は会員制になる予定です。
おうち時間にご覧いただければ幸いです。

春日良一

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.421です。
「バッハの独り言」その2を予定しております

https://ironna.jp/article/13939
「タバコなき東京五輪」をレガシーにするにはココが足りない

スポーツ思考
https://genkina-atelier.com/sp/

日刊ゲンダイで連載!
「実践五輪批判〜20年東京五輪これでいいのか?〜」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3625/

NHK大河「いだてん」を思考すると題して始めたブログ
「純粋五輪批判」
https://genkina-atelier.com/gorin/

哲学者カントの純粋理性批判と実践理性批判から拝借
「実践」では実際に五輪がオリンピズムを実現しているのかを批判
「純粋」では大河を触媒にオリンピズムの本当を解説

_________
CMリンク
=====〜〜〜〜〜★
★☆★************************************************************★☆★
紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】
8万枚突破のフェイスカバーをはじめ
高品質のUVカット用品多数!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
https://genkina-atelier.com/sp/ から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント


認証コード5172

コメントは管理者の承認後に表示されます。