東京五輪延期は朗報か? 〜ポジティブシンキングの陥穽〜

━━━━━━ Weekly Column Sport Philosophy ━━━━━━━
週 刊 ス ポ ー ツ 思 考 vol.424
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Genki-na-Atelier━
http://genkina-atelier.com/sp/
━━━━━━━━━━━
Sport Philosophy
───────────--------------------------__(、。)┓
━━━━━━━━━━━
○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●○○○○○●●●●●
──────────────────────────
東京五輪延期は朗報か?
〜ポジティブシンキングの陥穽〜

東京五輪2020の1年延期の波紋は大きい。
日本では開催運営経費の増大とその負担についてばかり大きく取り上げられるが、世界中のスポーツ界が被る打撃の大きさは測りかねない。
日々、国際競技連盟(IF)からの悲鳴が聞こえている。
IOCはスイス政府と共にスイス国内に本部を置くIFへの無利子ローンを組むことを既に発表している。
東京五輪の後で配分されるIOCからの支援金が今年中に得られないことによる資金繰りが大変だからだ。
それほど世界のスポーツ界はオリンピックマネーに頼っている。
しかもオリンピックマーケティングで得られた収益のほとんどは、こうしたIFや各国オリンピック委員会(NOC)に配分される。
オリンピック運動を広め、スポーツによる青少年の育成、そして発展途上国への援助のために日々3億五千万円ほどの資金が世界を駆け巡っている。
スポーツで得た資金をスポーツのために使い、それによって世界平和構築を目指すのならば、誰からも文句を付けられる筋合いはない。

先日、あるスポーツトーク番組で反オリンピックの先生と論議したが、オリンピックが儲け過ぎているという観念が事実とかけ離れていることは理解してもらえたと思う。
IOCは利益享受団体ではないので、利益を生み出すためでなく、スポーツ振興のために得たものを費やしているだけである。
それが東京五輪延期が起こるだけで、全てのスポーツスケジュールが右往左往し、資金繰りも慌しくなるという現実を見れば、オリンピックが無くなったらスポーツ自身がどうなってしまうのかと考えるべきだろう。
スポーツ自身を否定する人々には豆腐に釘の話ではあるが。
こうして現在世界のスポーツ界は大騒ぎである。
IOC会長は「全く違った形のオリンピック」を想定していかなければならないと明言した。
昨日はパリ五輪組織委とIOC調整委が会合で「新しいオリンピックのあり方を生み出していく」
それによって「東京五輪の延期をポジティブなものにしていく」と盛り上がった。
世間でもCOVID-19を克服するべく頑張ろう!とポジティブに生きて行こう宣言が主流になる。
しかし、その先を見つめなければならない。
この難局を耐え忍んで、コロナが収束した暁には元のように「進め!進め!」となるのか?
それともさらに訪れるであろう新型ウィルスを想定して「ウィルスと共に生きざるを得ない」この世をどう生きるか?
新たな構想を打ち立てられるか?
今、スポーツ界が「頑張ろう!」と言っている先についての劇的な具体的シナリオが描かれるべきだ。
私はむしろより完成された五輪のためには、一年の延期が必要だと見ていた。
お台場の水質向上には一年が必要だっただろう。
東京近郊の働きかた改革、リモートワーク、時差出勤に伴う仕事のあり方あるいは会社のあり方を再考し、実践するのはコロナ対策は貴重な経験となったはずだ。
このコロナショックをどう受け止めるか?
それによって一年後の延期が意味を持つかどうかが決まってくる。
今、ポジティブシンキングの中に「コロナがなかったら」という仮定法が含まれているとすれば、一年延期も意味がない。
それはオリンピックを沈没させる落とし穴になるだろう。
スポーツはポジティブシンキングを増勢する。
ポジティブな取り組みの中で、パリ五輪は選手村のベット数を3000減らすそうだが、
それは果たして未来の五輪のあるべき姿を創り出すことになるだろうか?
ベット数より競技数だ。
むしろオリンピック競技種目を原点から未来に向かって数と共に質について、再考することが必要なのではないか?
ポジティブであれば成功する!というスポーツの公式を覆す新たな定理を求めるべきだ。

(敬称略)

2020年6月4日

明日香 羊

                         ────────<・・

△▼△▼△
編集好奇
▲▽▲▽▲
無菌の地下室でオリンピックをやるしかないか?
そうえいば1992〜1995戦火のサラエボでは、地下室でスポーツをしていたのを想起。
サラエボで私が見たのは食料以上にスポーツが必要とされていたことだった。

春日良一

━━━━━━━
考?ご期待
━━━━━━━

次号はvol.425です。
本日発売のゲンダイで実践五輪批判41回が掲載されます。
東京五輪経費削減は人件費だ!
たまにはコンビニで買ってみましょう!
タブロイド版の憎くない奴 オレンジ色でない方

https://ironna.jp/article/13939
「タバコなき東京五輪」をレガシーにするにはココが足りない

スポーツ思考
https://genkina-atelier.com/sp/

日刊ゲンダイで連載!
「実践五輪批判〜20年東京五輪これでいいのか?〜」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3625/

NHK大河「いだてん」を思考すると題して始めたブログ
「純粋五輪批判」
https://genkina-atelier.com/gorin/

哲学者カントの純粋理性批判と実践理性批判から拝借
「実践」では実際に五輪がオリンピズムを実現しているのかを批判
「純粋」では大河を触媒にオリンピズムの本当を解説

_________
CMリンク
=====〜〜〜〜〜★
★☆★************************************************************★☆★
紫外線対策グッズ専門店【ホワイトビューティー】
8万枚突破のフェイスカバーをはじめ
高品質のUVカット用品多数!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO1G1+8C6C2+39B2+66OZ7
★☆★************************************************************★☆★

┃------------------------------------------------------------
┃ 購読登録は
https://genkina-atelier.com/sp/ から。
┃△△▲-------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ copyright(C)1998-2014,Genki na Atelier
┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ ★本誌記事の無断転載転用等はできません。★


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント


認証コード1153

コメントは管理者の承認後に表示されます。